先般決まった消費増税先送りなど、政策運営に大きな注目が集まっている。こうした判断を下すうえで重要になるのは、潜在的な部分も含めた日本経済の実力を正しく把握・評価しておくことだ。