足元の世界経済を一言で表すならば、「需要不足」だろう。過去3年間、世界最大の輸入国である米国の経常収支は赤字幅を拡大してきた。この間、米国はシェール革命によって資源の純輸入国から純輸出国に転じている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。