2016年の訪日外国人の数は、2400万人を超え、前の年より鈍化したが、堅調な伸びを示した。今後も増加傾向は続くと予想され、20年に4000万人まで伸ばすのが政府の目標だ。大規模な災害や経済ショック、疫病の世界的大流行(パンデミック)のようなことが起きない限り、目標達成は期待できる。現在、訪日客の7割以上を中国、韓国といったアジアからの来訪客が占める。関係者は欧米豪からの誘客に努めているが、この傾向も当分続くはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2544文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。