政府は訪日外国人(インバウンド)数の目標を2020年に4000万人、2030年に6000万人へと上方修正した。従来目標は2020年に2000万人だったが、円安などを背景に爆発的に訪日客が増加していることを踏まえた。