2020年開催予定の東京五輪に向け、スタジアムや交通機関の整備などをはじめとした建設需要が高まっている。大手ゼネコン各社の状況をみると、多くの未着工の受注残を抱える。今後、旺盛な需要が見込まれるなか、危惧されているのが、建設職人の不足だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2309文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。