第2次安倍政権が発足した2012年以降、アベノミクスの推進とともに日本における外国人労働者の数は増え続けている。直近の数年は年間10万人規模で増え、16年は初めて100万人を突破した。しかしながら、外国人を取り巻く環境や制度上の課題はなお多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1982文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。