少子化の進展を測る際には、1人の女性が生涯に産む子どもの数が重要である。これについて、一般的には15~49歳の年齢別出生率を合計した「合計特殊出生率」が適しているとされるが、合計特殊出生率が2種類あることはあまり知られていない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2497文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。