少子化の進展を測る際には、1人の女性が生涯に産む子どもの数が重要である。これについて、一般的には15~49歳の年齢別出生率を合計した「合計特殊出生率」が適しているとされるが、合計特殊出生率が2種類あることはあまり知られていない。