食品流通業界で、本当は食べられるのに廃棄する「食品ロス」を減らす取り組みが広がりをみせている。