矢野浩一(やの・こういち)
駒沢大学 経済学部教授
1970年生まれ。2007年総合研究大学院大学博士課程後期修了。内閣府経済社会総合研究所主任研究官などを経て、16年より現職。専門はマクロ計量経済学。

 2008年9月の米リーマン・ブラザーズ破綻から始まった世界同時不況。既に8年以上の月日が流れたが、世界経済が以前の状態に戻ったとは言い難い。

 下の図表は主要7カ国(G7)、経済協力開発機構(OECD)の加盟国(日・米を含め35カ国)、ユーロ圏の06~16年までの完全失業率(以下、失業率)の推移をまとめたものだ。

リーマンショック以前にいまだ戻れず
●主要先進国の失業率
リーマンショック以前にいまだ戻れず<br />●主要先進国の失業率
出所:OECD
[画像のクリックで拡大表示]

 08~09年にかけて失業率が急激に上昇していることが分かる。その後、景気回復で失業率は低下しているが、いち早く財政・金融政策で手を打った米国など一部の国を除くと、その回復速度は極めて遅い。

 失業率は経済の状態を示す最も重要な指標の一つだ。何が景気回復を妨げているのだろうか?

続きを読む 2/3 なぜ失業率が下がらないのか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2610文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。