世界経済の不透明感が強まる中、安倍晋三政権の成長戦略が問われている。5月の伊勢志摩サミットは内外に「一億総活躍社会」の実現性を打ち出す好機で、特に目玉政策となりそうなのが、「多様な働き方」改革だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1527文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。