伊藤さゆり(いとう・さゆり)
ニッセイ基礎研究所 上席研究員
1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)を経て、2001年ニッセイ基礎研究所入社。2012年より現職。専門は欧州経済。

<b>EUからの「強硬離脱(ハードブレグジット)」を表明した英国のテリーザ・メイ首相</b>(写真=Matt Cardy/Getty Images)
EUからの「強硬離脱(ハードブレグジット)」を表明した英国のテリーザ・メイ首相(写真=Matt Cardy/Getty Images)

 英国のテリーザ・メイ首相が1月、「欧州連合(EU)加盟の一部を維持するのは難しい」と発言し、EUからの「強硬離脱(ハードブレグジット)」にかじを切った。3月末までに議会の承認を得て、EUとの交渉を本格的に始めることになるとみられる。

 これまで市場では「域内関税免除」など、単一市場への加盟を一部残す「緩やかな離脱(ソフトブレグジット)」を模索するのではないかとの見方もあった。ノルウェーなど欧州自由貿易連合(EFTA)とEUで単一市場(スイスを除く)を形成しているのと同様の形態である。

離脱はするが、その後はどうなるか
●英国のEU離脱の見通し
離脱はするが、その後はどうなるか<br />●英国のEU離脱の見通し
出所:ニッセイ基礎研究所の資料を基に本誌作成
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/3 英国のメリットはほとんどない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2182文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。