昨年11月8日の米大統領選挙でのトランプ氏の勝利以降、ドル高・円安のトレンドが続いている。12月半ばには一時1ドル118円を付けるまでの円安となった。