2015年の中国のGDP(国内総生産)成長率が、物価変動の影響を除く実質で6.9%だった。政府が目標とした「7%前後」になったというニュースは読者の記憶にも新しいだろう。だが筆者の試算では、中国の経済成長は、この数字以上に鈍い可能性がある。今回は違った尺度を交えて中国経済の現状を論じてみたい。