現在、太平洋クロマグロの資源量は過去最低に近い水準にある。日本は全漁獲量の約60%を占めており、国際関係の中で主導権を握って資源回復を図りたいところだ。しかしながら昨年12月に開催された中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)第13回年次会合の結果は、「苦戦」が報道されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2314文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。