米国のグーグルやアマゾン・ドット・コムなどが日本で相次ぎAIスピーカーを発売した。自分の情報がどのように活用されているのか、ユーザー側が改めて自覚する必要がある。

山本 龍彦[やまもと・たつひこ]
慶応義塾大学 法科大学院教授
1976年生まれ。2001年慶応義塾大学大学院法学研究科修了。05年同博士課程単位取得退学、07年博士。専門は憲法学。近著に『おそろしいビッグデータ』。

 先行した米国に続き、日本でも昨年秋から「グーグルホーム」や「アマゾンエコー」、LINEの「クローバ ウェーブ」などのAI(人工知能)スピーカーが相次いで発売された。

 そこで改めて考えたいのが、AIスピーカーが私たちの何を、どこまで記録しているのか、その記録が誰にどのように扱われるのかということ、そしてプライバシーの守り方だ。