働き方改革の機運が盛り上がっている。女性の活躍推進、税制改革、同一労働同一賃金など、日本におけるこれまでの働き方を変えていこうという趣旨の政策が次々に打ち出されている。その中でも焦点になっているのが、長時間労働の抑制だ。