昨年11月下旬、政府は「一億総活躍社会」実現に向けた緊急対策を決定した。アベノミクスの「新たな3本の矢」の一つとして打ち出された女性活用推進・子育て支援では、「出生率1.8の実現」に向けて、認可保育所の整備などで保育の受け皿を2017年度末までに50万人分に拡大するとした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1528文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。