「子供の貧困」と聞いて、日本のことだとイメージする人は少ないかもしれない。しかし残念ながら、日本でも貧困状態にある子供が約300万人いる。ここで言う「貧困」とは、発展途上国のように食べることに困る状態ではなく、教育の機会を十分に得られないことを指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2397文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。