「子供の貧困」と聞いて、日本のことだとイメージする人は少ないかもしれない。しかし残念ながら、日本でも貧困状態にある子供が約300万人いる。ここで言う「貧困」とは、発展途上国のように食べることに困る状態ではなく、教育の機会を十分に得られないことを指す。