日銀が1月28、29両日に金融政策決定会合を開く。米国が利上げに踏み切る中、日銀の金融緩和政策はどこまで持続性があるのだろうか。国債市場から見ると、2つの疑問点が見えてくる。一つは国債の市場規模に照らして巨額の買い入れを続けることの限界、もう一つは、金利が急騰した場合に損失を抱えるリスクだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1556文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。