東芝の「解体」について、様々な観測が報じられている。他社とのパソコン事業統合、白物家電事業の売却、半導体事業の分社化・上場…。だが、これらは東芝の不正会計問題の核心ではない。