企業経営
山崎 良兵
やまざき・りょうへい
本誌副編集長。ニューヨーク支局、日本経済新聞社証券部などを経て現職。製造業を担当。

世界で開発競争が加速する自動運転車。ドイツ勢や米テスラがリードする中、日本勢も本腰を入れつつある。産業構造を激変させる自動運転車を開発するには覚悟が問われる。

 「自動運転では、配車アプリの米ウーバーも自動車メーカーのライバルになる。変化に対応できないと自動車産業でリーダーシップを維持できない」。こう強調するのは独フォルクスワーゲン(VW)グループで自動運転の責任者を務めるヘルゲ・ノイナー博士だ。

 VWグループでは、独アウディが7月、世界で初めて一定の条件下でクルマが主体となって運転する「レベル3」と呼ばれる自動運転を実現する新型車「A8」を発表。世界に衝撃を与えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。