東芝は10月下旬、白色LED事業の終息を表明した(LED照明事業は継続)。様々な事業の売却が相次ぐ動乱期の中で目立たなかったが、ここに日本の電機メーカー衰退の一因が隠れている。国内のLED(発光ダイオード)販売は拡大を続け、今や、照明器具市場におけるLEDの比率は、金額ベースで40%台に達した。2020年には金額ベースで60%、数量ベースでは70%に上ると予測されている(富士経済)。
【変更履歴】記事の見出しと本文中で「LED照明事業からの撤退」としておりましたが、正しくは「白色LED事業の終息」です。東芝が発表したディスクリート(単機能)半導体の構造改革の中で終息を発表したのは発光素子である白色LEDの事業であり、LED照明事業は継続しています。また「リストラ費用は200億円」も白色LED事業に関するものでした。お詫びして訂正致します。本文は訂正済みです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1838文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。