「月末金曜の午後は、仕事を早く終わらせて街に出よう」。消費喚起を狙って政府と経済界が始める「プレミアムフライデー」に対して、否定的な声も多いが効用もある。