企業経営
山川 龍雄
やまかわ・たつお
本誌編集委員兼BSジャパン「日経プラス10」キャスター。NY支局長、本誌編集長などを経て現職。

神戸製鋼所や日産自動車などの不祥事が映すのは、製造現場が直面する新たな危機だ。過剰品質、形骸化、事なかれ主義という新3K職場が、もの作りの現場をむしばもうとしている。

 神鋼、日産、SUBARU(スバル)などの不祥事が相次ぎ、日本の品質神話が揺らいでいる。ルールに反した企業が代償を払うのは当然だが、背後にある構造問題にも着目する必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1500文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。