所得税改革の柱である配偶者控除の廃止が早々と先送りになった。自公両党が選挙への影響を懸念したためと言われるが、問題はさらに根深い。所得税の構造は矛盾だらけだ。