規制
菅原 透
すがわら・とおる
本誌副編集長。日本経済新聞社企業報道部、広州支局、上海支局などを経て現職。

10月22日投開票の衆院選で各党が「待機児童ゼロ」対策を競う。一方で「待機老人」対策については盛り上がりを欠く。行き場を失う高齢者が増えかねない状況にあるというのに。

 「周囲に引き取ってくれる施設があったからよかったが……」。こう語るのは、千葉県を中心にデイサービスを展開する事業者だ。千葉県や東京都内で民家を借りて5施設を運営するが、定員10人の施設1カ所をこのほど閉めた。担当者は、常連だった利用者の行き場を確保してほっとした表情を見せる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1468文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。