規制
菅原 透
すがわら・とおる
本誌副編集長。日本経済新聞社企業報道部、広州支局、上海支局などを経て現職。

10月22日投開票の衆院選で各党が「待機児童ゼロ」対策を競う。一方で「待機老人」対策については盛り上がりを欠く。行き場を失う高齢者が増えかねない状況にあるというのに。

 「周囲に引き取ってくれる施設があったからよかったが……」。こう語るのは、千葉県を中心にデイサービスを展開する事業者だ。千葉県や東京都内で民家を借りて5施設を運営するが、定員10人の施設1カ所をこのほど閉めた。担当者は、常連だった利用者の行き場を確保してほっとした表情を見せる。