科学技術
菅原 透
すがわら・とおる
本誌副編集長。日本経済新聞社企業報道部、広州支局、上海支局などを経て現職。

 日本人のノーベル賞受賞ラッシュが続いている。何十年にもわたって得意分野を探求してきた成果といえるが、その一方で研究領域が「たこつぼ」化してきた現実も見逃すわけにはいかない。

 今年のノーベル賞受賞者の発表で先陣を切った10月1日の生理学・医学賞。体を守る免疫の仕組みを解明し、がん治療薬「オプジーボ」につながる成果を上げた本庶佑・京都大学特別教授が見事、栄冠をつかんだ。

 1901年に始まったノーベル賞は自然科学界で最も権威のある賞とされる。推薦するのは過去のノーベル賞受賞者を含めた世界一流の研究者で、いつの時代になっても色あせない偉業が対象になるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1387文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。