韓国経済
田村 賢司
たむら・けんじ
本誌主任編集委員。税財政、社会保障、企業財 務、会計などが専門。

 北朝鮮によるミサイル発射が止まらない。最前線に立つ韓国には、戦争の脅威だけではない「重荷」がのしかかる。対北戦略のかじ取りが、経済の低迷をもたらしかねないのだ。

 「(北朝鮮の攻撃などに備えて)最近も職場で避難訓練があったけど、慣れっこになっているせいか、あまり切迫感はないね」

 ソウル市中心部で働く40代の男性は苦笑する。北朝鮮が8月29日、弾道ミサイルを発射し、北海道上空を通過させた直後も、韓国は意外なほどに平静だった。「ソウルを一気に占領する」と金正恩(キム・ジョンウン)委員長が威嚇しても、「結局いつも大事には至っていない」(30代の自営業女性)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1377文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。