芸能
山崎 良兵
やまざき・りょうへい
本誌副編集長。ニューヨーク支局、日本経済新聞社証券部などを経て現職。

 劇団四季のドンで元代表だった浅利慶太氏が85歳で死去した。強烈なリーダーシップと優れたビジネス感覚で、日本にミュージカル文化を定着させたものの、果たせなかった夢があった。

 俳優の演技に納得がいかないと怒気をあらわにしてダメ出しする──。

 2001年、シベリア抑留をテーマにした劇団四季のミュージカル「異国の丘」の通し舞台稽古を見る機会があった。印象に残ったのは、演出を担当する浅利慶太氏のすごみを感じずにはいられない真剣な指導だった。現場にはピリピリとした緊張感が漂っていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1427文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。