政 治
安藤 毅
あんどう・たけし
本誌編集委員。日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て現職。

政治不信の高まりを受け、「官邸1強」や政官関係の見直し論議が花盛りだ。首相主導自体を時代の要請と評価したうえで、必要な修正と改革を加えてバージョンアップすることが重要だ。

 6月27日の党首討論。立憲民主党の枝野幸男代表らがテーマに選んだのは学校法人「森友学園」「加計学園」問題の追及だった。行政が不当に厚遇したのではないか、官僚が首相官邸の意向を忖度したのではないか……。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1493文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。