経営権を巡る争いで長女に敗れた大塚勝久氏が今月末、過去最大級の店舗を開き、自ら創業した大塚家具と正面からぶつかる。多くの企業が悩む事業承継の難しさも改めて浮き彫りになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1753文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。