経営
金田 信一郎
かねだ・しんいちろう
本誌編集委員。ニューヨーク特派員、日本経済新聞編集委員などを経て現職。著書に『失敗の研究』。

 大谷翔平を育て上げた北海道日本ハムファイターズは、5年後に札幌市を離れ、郊外の北広島市に新球場を作ると発表した。日米を揺るがす話題が続く背景には、「経営の限界」がある。

 「なぜ、大谷は年俸6000万円で米国に来たのか」

 米大リーグで大谷が投打に活躍する中、海の向こうでも話題に上っている。2年待てば総額2億ドルの契約ができたはずなのに、と。それでも本人が少年時代からの夢を優先したとされる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1483文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。