今夏の参院選を意識し、国会での重要法案審議や規制・制度改革の停滞が鮮明になっている。日本経済の再点火には「小刻み選挙」の壁を乗り越え、改革の推進力を高める必要がある。