マイナス金利政策によって預金金利が限りなくゼロに近づくなか、銀行に預けるよりも自宅の金庫などにお金をため込むタンス預金が広がっている。果たしてこの選択は正しいのだろうか。