TPP発効が見込めず、欧州連合(EU)との経済連携協定交渉なども膠着状態で袋小路に入った日本の通商戦略。日米経済対話が迫る中、政府は「米国抜きTPP」の検討に乗り出した。