世界経済を混乱に陥れた原油価格の暴落に歯止めがかかってきた。しかし、長くは続かないかもしれない。中東を巡る大国間の暗闘がイランに増産を促して、市況を再び暴落させかねない。