超高齢化時代に対応すべく、政府は病院に大再編を促している。病床の削減や機能を転換した医療機関には財政支援する。減反政策さながらの施策と言えるが、実効性は不透明だ。