企業経営
菅原 透
すがわら・とおる
本誌副編集長。日本経済新聞社企業報道部、広州支局、上海支局などを経て現職。

日本企業によるM&A(合併・買収)が止まらない。市場開拓や新技術獲得が狙いだが、成果を上げているとは言いがたい。これでは配当を期待するだけの「投資会社」と変わらない。

 昨年、過去最多の件数を記録した日本企業のM&A。今年も勢いは衰えていない。M&A助言のレコフによると、今年1〜2月は前年同期比38.1%増の540件。3月に入っても、日本通運がイタリアのアパレル物流会社買収を決め、キヤノンメディカルシステムズがオランダの医療機器ベンチャーを傘下に収めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1462文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ニュースを突く」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。