東日本大震災から5年が経過した。その間に東京電力は実質国有化され、東電を大口顧客としていた東芝も経営不振が明らかとなった。名門2社の凋落は「古い日本」の終わりを象徴する。