物の値段は本来、消費者がどれだけの価値を認めるかによって決まるはずだ。このところ、価格を人為的に引き上げようとする政府の動きが目立つが、消費者や経済へのプラス効果は薄い。