いくら損失処理をしなければならないのか。債務超過は回避できるのか。東芝は明確にしなければならない喫緊の課題が2つある。しかし、もう一つはっきりさせた方がいいことがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1694文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題