昨年110万人を超える難民が流入したドイツで今、外国人排斥を訴える声が強まっている。そんな中、ヒトラーの『わが闘争』が戦後初めてドイツで再出版された。その意味を考えたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1763文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題