昨年110万人を超える難民が流入したドイツで今、外国人排斥を訴える声が強まっている。そんな中、ヒトラーの『わが闘争』が戦後初めてドイツで再出版された。その意味を考えたい。