薬の公定価格(薬価)の見直しが2018年度以降、毎年実施されることになった。薬価制度が歴史的な転換点を迎えたのは確かだ。事態が大きく動いた背景には、官邸の強い意向がある。