薬の公定価格(薬価)の見直しが2018年度以降、毎年実施されることになった。薬価制度が歴史的な転換点を迎えたのは確かだ。事態が大きく動いた背景には、官邸の強い意向がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1721文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題