厚生労働省は2015年末、マイナンバー制度導入に絡む汚職事件で起訴された職員を懲戒免職した。同様の事態を二度と起こさぬよう再発防止策を打ち出したものの、同省を覆う闇は深い。