新国立競技場の建設を巡って大幅なコスト増が発覚し、設計が白紙に戻ることになった。今回の混乱ではっきりしたのは、いろいろな方面からの要求を受け入れるだけ受け入れた競技場計画は、破綻するということだ。