1回の充電で走れる航続距離が400kmに延びた新型EV「リーフ」。通勤やちょっとした買い物など日常生活で使う分には十分な性能だ。実現させたのは、大幅に性能が向上した車載電池だけではない。走行時に受ける空気抵抗をどれだけ減らすことができるか。EVの持ち味である静粛性を追求する上でも欠かせない技術課題だ。デザイン面の制約を受けながら、開発現場では地道な作業が続いた。

議論の対象になったフォグランプとエアインテーク

 日産グローバルデザインセンター(神奈川県厚木市)は、カルロス・ゴーンが1999年に日産自動車にやってきてから切望し、2006年にようやく完成させたデザインの「夢の城」だ。

 白を基調にした3階建て。1階には特殊な粘土(クレイ)で車体モデルを手造りしてデザインの機能や美しさを検証する「モデル場」、2階にはデザインオフィスが設置されていた。

 モデル場は天井が2階までの吹き抜けになっていて、2階のデザインオフィスの窓からいつでもモデルが見えるようになっている。新型リーフの発売を約2年後に控えたある日、このモデル場で2人の男がもめていた。