80歳を超えてまで、巨大グループに君臨し続けた鈴木敏文。カリスマゆえに、後継者育成が後手に回るジレンマを抱え続けた。それでも、「ミスターコンビニ」としての功績が揺らぐことはない。=敬称略