イトーヨーカ堂は持ち株会社制になった2005年以降、苦戦が鮮明になる。鈴木敏文は、「自主マーチャンダイジング」が復活のカギだと説き続けた。 だが、祖業の病巣は根深く、創業家との確執の遠因にもなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り881文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年10月17日号 24~25ページより目次