イトーヨーカ堂は持ち株会社制になった2005年以降、苦戦が鮮明になる。鈴木敏文は、「自主マーチャンダイジング」が復活のカギだと説き続けた。 だが、祖業の病巣は根深く、創業家との確執の遠因にもなった。