そごう・西武の巨額買収は、その後のコングロマリット化の第一歩だった。鈴木敏文は退任までの10年、相次ぐ買収で、新たな流通業を模索した。だが、相乗効果を生むのに苦戦。膨らんだ帝国はきしみ始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1076文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年9月26日号 20~21ページより目次